豊川悦司

【ビューティフルレイン】若年性アルツハイマーの父と支える娘の感動ドラマ 


 ビューティフルレイン-p1.jpg7月1日午後9時からスタートしたドラマチック・サンデー「ビューティフルレイン」は、ある日突然、若年性アルツハイマーと診断されてしまう父親とその父親をひたむきに支えていく幼い娘との親子愛の物語。
今回ダブル主演を務めたのは、豊川悦司と芦田愛菜。撮影が始まって約1カ月。2人の息もぴったりで現場も温かい空気に包まれている。

 木下圭介(豊川悦司)とひとり娘の美雨(芦田愛菜)は、東京の下町にある小さな金属加工工場の離れで2人暮らし。圭介の妻・妙子は8年前、美雨の命と引きかえにこの世を去っていた。美雨を小学校に送り出した圭介は、彼女の忘れ物に気づき、学校まで届ける。社長の中村富美夫(蟹江敬三)や妻の千恵子(丘みつ子)、後輩工員の勝田秋生(三浦翔平)らは過保護すぎる、とからかいつつも、この父娘を温かく見守っていた。

ビューティフルレイン_2.jpg そんな折、思わぬ事態が起きる。先輩工員の宗田清(でんでん)に頼まれた秋生が工場内の荷物を動かしたところ、バランスが崩れて荷物が落下し、圭介の頭に当たってしまったのだ。意識を失った圭介は病院に運ばれたが、幸いすぐに意識を取り戻し、念のためにCTスキャン検査を受け、その日は帰宅する。心配する美雨…。

 あくる朝、圭介は、遠足に行く美雨の弁当を用意し忘れ、慌てて作り始める。約束していた水筒も買い忘れていた。圭介は、時おり物忘れをしていたが、一時的なものだったためさほど気に留めずにいた。そんな中、富美夫の娘で、結婚して家を出た西脇アカネ(中谷美紀)が工場に戻ってきて…。

【ビューティフルレイン】豊川悦司・愛菜ちゃんと相思相愛「宝石のような時間」

ビューティフルレイン.jpg芦田愛菜ちゃんと俳優の豊川悦司さんが28日、東京都内で開催されたドラマ「ビューティフルレイン」(フジテレビ系) の試写会に登場した。豊川さんは娘役の愛菜ちゃんの第一印象について「べっぴんです。特に好きなのは顔。タイプですね」と語ると、愛菜ちゃんは「そんなこ とないですよ」と少し照れながら「(豊川さんは)優しいけど、本番になるとキリッとなるところが格好いいと思います」とお互いを褒め合った。

 ドラマは、妻との死別をきっかけに大手建設会社を退職し、下町の金属加工工場に職人として勤めながら一人娘・美雨(愛菜ちゃん)と暮らしてきた圭介(豊川さん)がある日突然、若年性アルツハイマー病と診断され、2人の生活が一変。親子は現実に向き合い、乗り越えていく……という物語。圭介が勤める職場の後輩役で三浦翔平さん、先輩役ででんでんさん、社長役で蟹江敬三さん、社長の娘役で中谷美紀さんがが出演する。
ビューティフルレインcx.jpg
 試写会後の舞台あいさつでしっかりした受け答えをする愛菜ちゃんに豊川さんは「素晴らしいコメントだな」と絶賛。さらに愛菜ちゃんとの撮影について「全部を記憶にとどめておきたいくらい。宝石のような時間」と話して2人で見つめ合うなど、すっかりメロメロな様子だった。

 愛菜ちゃんはドラマについて「親子2人で病気に立ち向かっていく姿を応援してくれたらうれしいです」とコメント。豊川さんは「家族のきずなや姿を考えていける場を提供できればうれしいと思います」とドラマをPRしていた。

 「ビューティフルレイン」は7月1日から毎週日曜午後9時に放送。
QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ