石原さとみ

【カラスの親指】石原さとみ ワケあり美人姉妹役で小悪魔チックな魅力爆発! 

カラスの親指4846_l.jpg阿部寛と村上ショージが異色のタッグを組んだことでも話題映画『カラスの親指』の最新ビジュアルが公開され、本作でワケあり美人姉妹の姉を演じている石原さとみが小悪魔チックな魅力を爆発させている。

 映画『カラスの親指』は、直木賞作家・道尾秀介の同名小説を映画化したエンターテインメント作品。ひょんなことから奇妙な共同生活を送ることになった5人が一世一代の大勝負に挑む姿を、二転三転するストーリー展開でスリリングに描く。詐欺師コンビ・タケさんとテツには阿部と村上、彼らのもとに転がり込んでくる美人姉妹やひろ&まひろには石原と能年玲奈、やひろの恋人には小柳友がふんしている。

 今回公開されたビジュアルでは、プロの詐欺師をカラスということにちなんでか、黒の衣装で何かをたくらむような5人のキャストが勢ぞろい。中でも大胆に 肩を露出させいたずらっぽくほほ笑む石原の姿からは、彼女が自身の役柄を「今までにないはじけぶりでバカップル」だと語ったとおりの奔放さが垣間見えるも のになっている。

カラスの親指1.jpg 昨年の秋に一度撮影を 終えながらも、今年に入って追加撮影を行うなど、阿部に「監督のこだわりが尋常ではなかった」と言わしめた伊藤匡史監督入魂の本作も先日ようやく完成。初 号を観た阿部は、「撮影時はとても大変だったのですが、映画を観て、想像をはるかに超えた作品になっていました」と作品の出来に自信をうかがわせる。

 道尾が寄せたコメントにも「試写を観たとき、僕は初めて『カラスの親指』という物語を心から楽しんだ。泣いて笑った。ほんとに感動した。」という一文が あり、本作は原作者のお墨付きといえるだろう。道尾が仕掛けた究極のドンデン返しを個性あふれるキャストたちがどう表現したのか、公開が今から楽しみな作 品となっている。(編集部・市川遥)

映画『カラスの親指』は11月23日より全国公開

VoCE (ヴォーチェ) 2012年 09月号 [雑誌]

新品価格
¥550から
(2012/8/12 14:00時点)

石原さとみ カバーガールで登場 「脱ぎっぷりが潔い」? 

b4bcd_749_0_147585.jpg7月23日発売の雑誌「VoCE」9月号のカバーガールに、女優の石原さとみが登場した。
大人の色気漂う妖艶なドレス姿で、美しく締まったボディラインを披露した石原さとみ。誌面からも質感が伝わってくるほどの、もちもち触りたくなるようなきめ細やかな柔肌が印象的なのだ。

インタビューでは、石原さとみの美の秘訣を追求。最も力を入れているという柔肌ケアは徹底した保湿の賜物であること、またチークは代謝の良さような肌に見える練りチークを使うなどそのこだわりを明かしている。

また石原さとみを撮影したスタッフは「見た目は女の子っぽいのに、中身はサバサバ」、「着替えの脱ぎっぷりも潔くて、男前(笑)」と彼女の意外な一面を暴露。外見からも内面からも美しさを放つ石原さとみの魅力が満載の内容となっている。

◆旬顔にアップグレードするための買い足しアイテム、メイクテクを一挙紹介

今月号の総力特集は「秋新色 買い足し全力ガイド」。1個買い足すだけで、見違えるほど旬顔にアップグレードが可能な最強アイテムの数々が紹介されている。

さらに、盛るアイメイク時代が終焉を迎えつつある今、新たに美容界で注目を集めているという“素まぶた”メイクにもクローズアップ。

まぶたを彩る抜群の透明感によって、フェミニンにもモードにもセクシーにも変化する驚きのメイクテクは是非とも真似したいところだ。

VoCE (ヴォーチェ) 2012年 09月号 [雑誌]

新品価格
¥550から
(2012/7/26 05:28時点)

【リッチマン、プアウーマン】小栗旬&石原さとみ・月9で現代版「プリティー・ウーマン」 

俳優、小栗旬(29)が、7月スタートのフジテレビ系「リッチマン、プアウーマン」(月曜後9・0)で、結婚後、初のドラマ主演に挑む。リッチマン、プアウーマンmain_title.gif
3年ぶりの月9主演作は億万長者のIT企業社長役で、ヒロインの石原さとみ(25)とシンデレラ・ラブストーリーを演じる。女優、山田優(27)との結婚で男の色気を増した小栗は「現代版プリティ・ウーマンということで僕も楽しみ」と意欲十分だ。

 「リッチマン-」は億万長者の主人公と、就職難のヒロインの恋物語。“男のけじめ”をつけ、俳優としても大人の色香漂う小栗が、直球ラブストーリーを投げ込む。

 ホワイトデーに山田と結婚し、新婚4カ月で“独身貴族”に戻る小栗は、偶然と運で時代の申し子となったIT企業社長の徹役。大学の寮で世界最大のインターネット交流サイト「フェイスブック」を立ち上げた米実業家、マーク・ザッカーバーグ氏(28)のように、自分の趣味で運営していたサイトで“気がつけば”億万長者。経営手腕もなく、人嫌いの性格ゆえ、“ペテン師”“オタク”のレッテルを貼られる主人公。リッチマン、プアウーマン-i045.jpg

 一方、石原が演じる千尋は東大理学部4年生の才女も、就職難で内定がもらえず、未来が“プア”状態のヒロイン。価値観、格差ともに真逆な2人だけに、当 初は衝突。「自分に寄ってくる人間は金目当て」と人を傷つける徹に、千尋は大激怒も、彼の純粋さや孤独を知り、惹かれていく。

 小栗と石原は2005年のNHK大河ドラマ「義経」にそろって出演したが、共演は今回が初めてだ。

 09年の「東京DOGS」以来、3年ぶりの月9主演となる小栗は、米映画「プ リティ・ウーマン」の現代版ともいえる物語に「石原さんとの芝居はもちろん、どういう形でラブストーリーが展開していくか楽しみ」と意欲十分。石原は 「(「義経」で)10代の頃から知っている小栗さんとラブストーリーをやることに少し気恥ずかしさも感じていますが、一緒にお芝居できるのがうれしい」と 笑顔。“真夏の夜の恋”で、胸キュン女子が続出しそうだ。

QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ