前田敦子

あっちゃん、免許取った!夢の沖縄ドライブを実現

前田敦子(21)が10月に普通自動車の運転免許を取得したことが21日、分かった。AKBに在籍していた今年4月からフジテレビ「AKB自動車 部」(9月末終了)の企画で教習所に通っており、半年で目標を達成。24日に放送される同番組の特番で取得前に夢見ていた沖縄でのドライブが実現し、前田 は「気持ちの良いドライブで本当に楽しかった」と声を弾ませた。ent12112213020011-p1

 今年1月9日にAKBの成人式で「車の運転をしたい。AKBではまだ誰も免許を持っていないので、一番最初に取りたいです」と誓いを立てた前田。その宣言通り“20歳の夢”を実現させた。


 今年4月から9月末まで放送された「AKB自動車部」では、免許取得を目指す前田に密着。8月27日にAKBを卒業する前後も仕事の合間をぬって教習所に通い、仮免許に合格した段階で番組は最終回を迎えていた。

 その後、10月に免許を取得。運転免許取得希望者が多いAKBの元同僚のメンバーたちの先陣を切って夢を叶えた。


 「免許をとったら沖縄の真っすぐな道を走りたい」。取得前に掲げた目標はこのほど、同局特番「AKB自動車部SP 前田敦子 運転免許取得記念!はじめてのドライブin沖縄」(24日深夜1・55=関東ローカル)で実現させた。


  ロケは11月中旬。初心者マークをつけた車で那覇空港から那覇市内、名護市内を走った。駐車に苦戦したり、苦手なS字カーブに遭遇するなど新人ドライバー としての試練を乗り越えながら、沖縄の海が臨める絶景のコースには笑顔もはじけ、自らの運転での初ドライブを楽しんだという。


 前田は「免許取得前から念願だった沖縄ドライブ。しかもお天気も快晴~! まさにドライブ日和!!」とゴキゲン。人生初の体験に「気持ちの良いドライブで本当に楽しかったです」と充実感をにじませた。



前田敦子 Twitterをスタートし「仲良くしてください」と自己紹介

TIFFアンバサダー前田敦子が28日、ソーシャル・ネットワーク・サービスのTwitterをスタートさせた。アカウントは「@Atsuko_100」で、29日現在でフォロワーは23万人を突破した。

プロフィールで「前田敦子です 書いていきます:) 仲良くしてください;)」と自己紹介した前田は、まず最初に「前田敦子です 今日からつぶやいていきます:) 一言目だ--!! 楽しいから今日はいっぱいいっぱい 書こう」と投稿。するとすかさず篠田麻里子が「敦子ーーo(`ω´ )oもしも傷つくことがあったらすぐ、『ブロック』というものを押すんだぞ! 眞鍋ジャパンもビックリだ( *`ω´)」と一足早く2010年からTwitterを利用した経験をもとにアドバイスを送っていた。


前田は「まりこ教えてTwitterについて:(((((」と頼りながらも、「ここに書いたらまりこに返事できてるんだね:)))))!!! どこで何をするか全然わかんないよ:(」とまだまだ慣れない様子。その後のツイートでは「今から勉強に戻らなきゃ 最近そこまで映画に浸れてないです 一番最近みた作品は 松江監督の『フラッシュバックメモリーズ』!! まばたき忘れました 映画館でドキュメンタリー作品は始めて観ました。感動です」と第25回東京国際映画祭(TIFF)でコンペティション部門観客賞を受賞した同作を紹介し た。前田はTIFFのアンバサダーを務めている。



002l現在、前田は篠田麻里子、小嶋陽菜、板野友美などのAKB48メンバーをはじめ、渡辺直美、つるの剛士、有吉弘行といったタレントをフォロー。前田の公式 ブログは現在もまだ残っているが、10月19日の「さぁ急ではありますがこのブログで最後になります;( このままブログを辞める とはまた違いますよ;) 新しいサイトができるまでまっててください!」の投稿以来、更新が止まっていた。




エンスカイ 2013年カレンダー 壁掛け 前田 敦子Memorial Solo Calendar

新品価格
¥2,415から
(2012/10/29 20:09時点)

【東京国際映画祭】前田敦子がグリーンカーペットに登場

 前田敦子がハイポーズ第25回東京国際映画祭が20日開幕し、東京・六本木ヒルズなどでセレモニーが行われた。日本を代表する監督や人気女優、俳優、映画関係者が集まる中、本格女優を目指す前田敦子(21)が、アンバサダーとして出席。

会場に敷かれたグリーンカーペットでは集まった映画ファンに笑顔を見せながらサインや握手で応えた。今年の同映画祭の「顔」としての役割を果たしながら、華やかな映画の祭典を体感していた。


 六本木のけやき通りに敷かれたグリーンカーペットの上を、そうそうたる顔ぶれが歩いていく。役所広司(56)阿部寛(48)柴咲コウ(31)井上 真央(25)吉高由里子(24)上戸彩(27)。沿道を埋め尽くした約6000人のファンから大歓声が上がり続けた。同映画祭のPR役に指名された前田も 大きな歓声を浴びた。サインや握手を求められると笑顔で応じた。その数は200人以上。約250メートルのグリーンカーペットを歩くのに1時間を要した。 退場時には、車いすに乗った一般来場の男女2人を見つけると歩み寄って握手した。

TIFF-p5

 アジア圏で最大規模の国際映画祭。国内外の映画関係者が集まり、9日間の期間中に約300本が上映される。初参加の前田は「こんなに多くの方に来 ていただけるなんてびっくり」と驚いた。「1人の映画ファンとしても楽しみですし、映画の魅力をより多くの人にお伝えしていきたい」。


 「将来の夢は女優」と公言してきた。この日は上映作品のある立場での参加ではなかったが、「努力はもちろんして、それが実るように頑張りたい」。 夢は大きく膨らんでいる。

影響を受けた映画として名作「風と共に去りぬ」を挙げた。ビビアン・リーが演じたヒロインのスカーレット・オハラの生き方に心を 揺さぶられたという。

「強い女性っぷりに魅力を感じます。私もあんなに強い女性を演じてみたい」。自分の役割を果たしながら、華やかな国際映画祭の雰囲気 を肌で感じた。強い刺激を受け、目指す女優像がさらに鮮明になってきたようだ。

前田敦子 2013年度版セパレートカレンダー

新品価格
¥420から
(2012/10/21 10:23時点)

前田敦子 女優として「すてきなスタートライン」 第25回東京国際映画祭アンバサダーに

前田敦子さん(21)が、10月20~28日に開催される「第25回東京国際映画祭(TIFF)」で映画の魅力を伝えるTIFFアンバサダーを務め ることになった。

TIFFアンバサダー001l同日、六本木ヒルズ(東京都港区)で開かれた会見にすっきりとした黒のパンツ姿で登場した前田さんは、「私自身が生まれ る前から開催されているイベントの重要な役です」と喜び、「(女優として)すてきなスタートラインに立たせていただいているので、どんな役でもやりたい。 求められる女優さんになりたいです」と目標を語った。

 アンバサダーに選ばれたことについて、前田さんは「私自身映画が大 好きです。たくさんの方にお会いできて交流できるのが、すごく楽しみです」と意気込みを語った。映画館に一人で映画を見に行くといい、「おすすめしても らったら何でも見ようと。一人で泣いてたり笑っていたりいろいろしていると思います」と映画愛を語り、女優として、今後どんな役を演じてみたいかと聞か れ、「可愛らしいラブコメディーもすごく好きです。強い女性にとてもあこがれるので、演じてみたいです」と話した。

  TIFFは10月20~28日、六本木ヒルズを主会場に都内の劇場などで開催されるアジア最大級の映画の祭典。今回の公式オープニング作品は「アバター」 で知られるジェームズ・キャメロン監督が製作総指揮を務める「シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語」(アンドリュー・アダムソン監督)、特別オープニング作品として、オスカー受賞歴のあるリドリー・スコット監督が製作総指揮を務め、東日 本大震災から1年たった12年3月11日の日常の投稿映像をつないだ映画「JAPAN IN A DAY」(フィリップ・マーティン監督、成田岳監督)が上映される。コンペティション部門では「フラッシュバックメモリーズ 3D」など計15本(予定)が上映され、映画監督でプロデューサーのロジャー・コーマンさんが審査委員長を務める。クロージング作品にはクリント・イース トウッドさんが主演を務める「人生の特等席」(ロバート・ロレンツ監督)が上映される予定。


 会見には、コンペティション 部門出品「フラッシュバックメモリーズ 3D」の松江哲明監督も登場。映画祭で「007 スカイフォール」のフッテージ(ダイジェスト)映像が上映されるほか、25回記念特別上映企画として、TIFF特別感謝賞が贈られるレイモンド・チョウさ んの3作品、審査委員長のコーマンさんの3作品をオールナイト上映、また「日本橋で日本映画を観よう」企画が発表された。



AKB48 【前田敦子】 2013年度版A3カレンダー

新品価格
¥840から
(2012/9/22 08:43時点)

前田敦子 日中合作「一九〇五」で国際女優へ「全力で演じたい」

前田敦子がトニー・レオン主演の映画『一九〇五』(黒沢清監督/2013年秋公開)で、ヒロインに起用された。同作は日中共同作品で、1905年の横浜を舞台にトニーと相棒となる松田翔太、そして物語のキーパーソンとなる前田の3人を軸とし、新感覚アクションムービーを展開する。前田にとっては国際女優としてのデビュー作となる。
一九〇五4c
 今回の起用に、前田は「世界を舞台に活躍されている黒沢清監督の作品に参加できることに、とてもワクワクしています」と興奮冷めやらぬ様子。豪華な共演 者たちに囲まれながら「女性のあらゆる魅力を持っている宮子を、全力で演じたいと思います。女優としての素晴らしい経験になるように、頑張ります」と並々 ならぬ意欲を燃やす。

 同作で日本映画初出演となるトニーは、以前から交流のある黒沢監督とのタッグについて「黒沢清監督の作品をずっと敬愛していました。その監督と一緒に仕 事ができる機会を得て、とても興奮しています。あらゆる瞬間に至るまで、この貴重な体験を楽しみたいと思っています」。バディを務める松田も「この脚本で 黒沢監督に会えると思うと嬉しくて仕方がありません」と、そろって黒沢作品への参加を心待ちしにしている。

 クランクインは今年11月、アップは2013年の1月を予定し、日本と台湾での撮影を予定している。
QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ