ドラマ

【八重の桜】綾瀬はるかが幕末のジャンヌ・ダルクに

13573036320014 女優の綾瀬はるかさんが主演を務めるNHK大河ドラマ「八重の桜」が6日、スタートする。大河ドラマ初出演でいきなり主役の座を射止めた綾瀬さんは“幕末のジャンヌ・ダルク”と呼ばれた新島八重を演じる。


  ドラマは、福島県出身で戊辰(ぼしん)戦争の落日、会津の鶴ケ城に500人の女たちと立てこもり、銃を持って戦ったことから“幕末のジャンヌ・ダルク”と 呼ばれ、のちに同志社大学を創設した新島襄の妻となる新島八重(1845~1932)の生涯を描く。


 脚本は10年のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」 の山本むつみさん、テーマ音楽は坂本龍一さんが担当。八重の兄・覚馬を西島秀俊さん、新島襄をオダギリジョーさんが演じるほか、長谷川博己さん、玉山鉄二 さん、綾野剛さん、吉川晃司さん、反町隆史さん、西田敏行さん、Dragon Ashの降谷建志さん、小栗旬さん、黒木メイサさん、剛力彩芽さん、貫地谷しほりさんらが出演する。八重の桜001lx


 第1話「ならぬこと はならぬ」は、1868年8月に新政府軍からの激しい攻撃にさらされる鶴ケ城の場面から始まる。砲撃をあびる城内で、若き女性銃士・八重(綾瀬さん)は 「ならぬことはならぬ」とつぶやきながらスペンサー銃を構えて戦う。


 続いて、物語は5歳の八重(鈴木梨央ちゃん)が登場する1851年に移る。会津藩砲術 師範の子として生まれた八重は、文武に秀でた兄・覚馬(西島さん)が銃で華麗に的を撃ち抜く姿を見て砲術に夢中になる活発な少女だった。そんな少女時代の 八重は、ある事件をきっかけに藩主・松平容保(綾野剛さん)と出会い、その後の人生を変えていく……という展開。



 「八重の桜」は、総合テレビで毎週日曜午後8時、BSプレミアムで午後6時に放送。初回は74分の拡大版。全50回。



八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,100から
(2013/1/6 18:15時点)

匿名探偵 : “モロボシ・ダン”森次晃嗣が“アンヌ”ひし美ゆり子と感動の再会 

20121101dog00m200076000c_450 1967年~68年に放送された特撮番組「ウルトラセブン」で主人公のモロボシ・ダン隊員 を演じた俳優の森次晃嗣さんと友里アンヌ隊員を演じた女優のひし美ゆり子さんが、連続ドラマ「匿名探偵」(テレビ朝日系)に、そろって出演する。

同時出演はないものの、森次さんとひし美さんが「ウルトラ」シリーズ以外で“共演”するのは初めてで、森次さんがこのほど、ゲスト出演するひ し美さんの撮影現場を訪れ、「ダン……!」「アンヌ……!」と“感動の再会”を果たした。

ひしみゆりこ 森次さんは、「匿名探偵」では、寡黙ながらも独特な存在感を発するバーテンダーを演じてお り、ひし美さんは9日放送の第5話に、キャバクラのママ役でゲスト出演。


出演者として名前を並べることがうれしくてたまらなかったという森次さんは、当日 は収録がなかったも関わらず、ひし美さんの撮影現場を訪問して、感動の再会が実現した。収録後、森次さんが帰る時に、ひし美さんが「ダン、行かないで!」 と声を掛けると、森次さんも「俺は星に帰るんだ……」と振り切って、「ウルトラセブン」の最終回の名シーンを再現するなど、現場を和ませていた。

ウルトラセブン Vol.1 [ 中山昭二 ]

価格:1,701円
(2012/11/4 10:12時点)
感想(11件)

【八重の桜】9年ぶり大河出演 オダギリジョーが新島襄

俳優のオダギリジョーさんが13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で、女優の綾瀬はるかさんが演じる主人公・八重の夫で同志社大学を創設した新島襄役と して出演することが11日、発表された。オダギリさんが大河ドラマに出演するのは04年の「新選組!」で斎藤一を演じて以来、9年ぶり。

 八重の桜e11日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた記者会見で、オダギリさんは「イメージを壊さず、自分の新島襄像を描いていけるか、とても心配で す。頑張ります」と意気込んだ。また、新島襄と自身の共通点を「20歳のときに国を出て、アメリカで生活をしていたところ。あと(自分と同じ)ジョーとい う名前に引っかかって、興味を持ちました。勉強不足ですが……」と語った。

 会見には綾瀬さんも登場。オダギリさんは綾瀬さんの印象を「テレビで見てすごく可愛らしいなと思っていました。家に一度、遊びに来ていただいたことがあ るのですが、そのときは僕はちょっとしか話せなくて……。これから仲よくなりたいです」と淡々と語ると、綾瀬さんは、オダギリさんについて「独特のテンポ と雰囲気が好き。声がすてき。ジョーつながりでうれしくなりました」と笑顔で話した。

 内藤愼介エグゼクティブプロデューサーはオダギリさんの起用理由を「日本にはない雰囲気を出せればと考えた。名前(が一緒なの)は偶然です」と説明していた。

 また、木戸孝允を及川光博さん、吉田松陰を小栗旬さん、佐久間象山を奥田瑛二さん、白虎隊士から東大や京大などの総長となった山川健次郎を勝地涼さん、 日本初の女子留学生としてアメリカにわたる大山捨松を水原希子さん、八重の兄の覚馬の後妻・小田時栄を谷村美月さん、、第2代京都府知事を務めた槙村正直 を高嶋政宏さん、“京の顔役”の大垣屋清八を松方弘樹さんが演じることも発表された。水原さんは大河ドラマ初出演。

 ドラマは、福島県出身で戊辰(ぼしん)戦争の落日、会津の鶴ケ城に500人の女たちと立てこもり、銃を持って戦ったことから“幕末のジャンヌ・ダルク” と呼ばれ、新島襄の妻となる新島八重(1845~1932)の一生を描く。吉川晃司さん、反町隆史さん、西田敏行さん、降谷建志さん、黒木メイサさん、剛 力彩芽さん、貫地谷しほりさんらが出演することが発表されており、脚本は「ゲゲゲの女房」の山本むつみさん、テーマ音楽は坂本龍一さんが担当。13年1月 6日から放送。全50回を予定している。

新島八重と幕末

新品価格
¥1,680から
(2012/10/12 05:52時点)

【結婚しない】菅野美穂・天海祐希 今どきの女性像、等身大で演じたい 今どきの女性像、等身大で演じたい

結婚しない-p1 結婚できない女(菅野美穂)と結婚しない女(天海祐希)、そして結婚をする余裕がない男(玉木宏)のリアルな姿を描くフジテレビ系連ドラ「結婚し ない」(木曜後10・00)が10月11日からスタートする。ダブル主演となる菅野と天海は初共演。現在35歳と45歳の2人は、実年齢とほぼ同じ主人公 に思い入れたっぷり。結婚、仕事をテーマに話に花を咲かせた。

 

対照的な2人

 --まず、ドラマの話がきたときの感想は?

 菅野「アラフォーの仲間入りをした私が、結婚できない女を演じる。等身大であることが大切だと思う。今どきの女性像をユーモアを添えて演じ、女2人の関係にクスッと笑ってもらえたらと思います」

 天海「まだみんなそんなことで悩んでいるんだって感じでした。私のまわりのリアルな人たちはこういうことで悩んでいる人がいないので」

 田中千春(菅野)は旅行代理店の契約社員。ノーといえないお人よしで、彼氏いない歴5年。一方の桐島春子(天海)は造園プランナーとして活躍する、いわゆる仕事ができる女。


--それぞれのキャラクターについて

 菅野「私のインタビューなどを読んでくれていたみたいで、 旅好きとか似ているところが多い。だから、今回は役作りをするな、という宿題かなと。そういう宿題は初めてです。春子さんはストイック、千春は快楽主義。 千春は無神経で他人との距離感をはかり間違える人だから、本当に対照的な2人ですね」結婚しない001l

 天海「春子は千春さんを、もしかしたら自分も昔はそうだったと思って見ているのかも。2人合わせて1人の女性。シーソーのように自分の中でバランスを取ろうとしている女性が多いのでは?」

 --初共演の印象は?

 菅野「同じ事務所なので食事会などでご一緒させていただいたことはあります。天海さんは気配りがすごくてこちらが申し訳ないくらい。このドラマは天海さんの懐をお借りして成り立っている話です」


天海「何をおっしゃいます。菅ちゃんって呼ばせてもらっていますが、何を演じなければいけな いのかが的確にわかっていて、この人、天才だなと思う。私の中には何か凝り固まっている部分があるので、菅ちゃんの伸び伸びさでほぐしてもらって影響を受 けたい。それから敬語は禁止、と。敬語を使われると年齢を感じるので(笑)」

 

人の気持ちは変わる


 --玉木さん演じる工藤純平という男性について

  天海「自分なんか結婚しても…ともがいている男性。男は自分の仕事がある一定のところまでいかないと結婚を考えない。でも女性はそこの距離をも支えたいん だよ。数多くのカップルの相談に乗ってきた私としてはこう言いたい。そういう男性の状況でも付いていきたいと思う女性はいるんだよ、と」結婚しない002l

 菅野「プロデューサー以上に天海さんはドラマのことを考えている。男の人との約束は、約束したときのものだけって感じ。人の気持ちは状況でどんどん変わっていきますしね」

 天海「そんなこといちいち信用しない方がいいわよ」

 菅野「ま、なんだかんだいって、30代は楽しいです」


 天海「40代も楽しいよ」

 菅野「でも、ドラマを見てくれる若い人は、私たちを見て『これじゃいけない』と思うかも」

 最後は大爆笑で、漫才のようなかけあいは終了した。


【レジデント】仲里依紗・ロングヘアをバッサリ!  

レジデント001.jpg仲里依紗さんが2日、神奈川県内のスタジオで行われた18日スタートの連続ドラマ「レジデント~5人の研修医~」(TBS系)の製作発表に、メーンキャストらと登場。

今回、民放のゴールデンタイムで初主演する仲さんは「研修医役と聞いた時、私なんかにできるんだろうかと緊張していた。髪を切らなくてもいい案を出していただきましたが、自分的には納得がいかなかったので、今回のために切ってみました」と役作りでロングヘアを30センチ以上切ったことを明かし、主演への気合を見せた。

 ドラマは、大学付属病院の 救命救急センターを舞台に、研修医たちが厳しい現実に鍛えられながら、医師として、人として成長する姿を描く青春群像ドラマ。開業医の家庭に育ったしずく (仲さん)は、親への反発心から援助を一切受けずに奨学金で医学部へ進学、研修医1年目で、同期のメンバーと共に救命救急に配属される……という物語。主 題歌は4人組バンド「flumpool」の「Answer」が起用された。

レジデント006.jpg 会見には仲さんのほか、研修医役の林遣都さん、増田貴久さん、大政絢さん、石橋杏奈さん、研修医たちを指導する脳外科医役の須藤理彩さん、外科医役の古田新太さん、心臓血管外科医役の小澤征悦さん、研修医の先輩にあたる外科専修医役の荒川良々さん、看護師長役の光浦靖子さん、バーのマスター役の皆川猿時さんも登場。

 仲さんは現場の様子を「人の命の大切さとか、仲間の大切さとかを日々感じながら撮影をしています」と熱を込めて語ったが、「一番医者に向いていないのは?」という質問に、出演者が次々と仲さんを挙げた。
小澤さんは「何かいつも楽しそう」、須藤さんは「小児科なら合いそうだけど……」とコメントし、古田さんは「いつも踊ってて、無駄な動きが多い」と指摘し、仲さんは苦笑いをしていた。

QRコード
QRコード
livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ