「AKB48」の大島優子さんが8日、東京都内のスタジオで最新劇場版アニメ「メリダとおそろしの森」(ディズニー/ピクサー)の日本語吹き替え版 のアフレコ収録を行った。
120508_merida_main

6月に開催予定の「第4回AKB48選抜総選挙」に向けたコメント動画「アピールコメント Channel!」で、「ラストチャンス」と発言し、ファンの間で大島さんの“卒業騒動”が持ち上がったことについて、自身のブログで謝罪していた大島さ んは、「ブログで言った通り、卒業宣言ではないので、みなさん心配しないでください」と改めて否定していた。

 ピクサー映 画で初めて女性が主人公となる同作は、スコットランドのある王国が舞台。馬を駆り、弓を射るのが大好きな王女メリダは、自由に生きることを夢見ていたが、 ある日禁じられていた「森の魔法」を使ったことから、王国は呪いをかけられ、存続の危機に直面する。王国と愛する家族を守るため、メリダは森に立ち向か う……という物語が展開する。

120508_merida_sub4

 主人公メリダの声に抜てきされた大島さんは、「ピクサー作品が大好きで、とくにトイ・ス トーリーが好き。一ファンだったので、まさか自分がやるというのは夢のようでした」と大喜び。ハリウッド映画の声優に挑戦するのは今回が初めてということ から、「ハリウッドというと萎縮しちゃうのでなるべく考えないよう、リラックスしてやってます」と笑顔を見せた。


 この 日、メリダが弓を引いて的を狙うシーンや母親とやりとりするシーンなどに挑戦した大島さんは、「どれくらいの距離でしゃべっているのか、距離感がつかめな いのが難しかった。でも試行錯誤しながらやるのが楽しい」と満足げに語った。メリダとの共通点については「自由奔放でおてんばなところ」といい、「よくお 父さんに『控えめにいなさい』と小言を言われます」と苦笑いしていた。


 また、メリダが強い王女ということから、自身の強 いと思うことを聞かれた大島さんは、「今まで幼稚園小中高を共学で過ごしてきましたが、“女の園”のAKB48で今もやってるので、強いかなと思います」 とコメントした。映画は7月21日から全国で公開予定。3Dも同時上映。(毎日新聞デジタル)